静・動摩擦測定機

TL201Tt

Tribology / Haptics & Material Characterization

物性測定機

幅広い用途と高精度・低価格を実現した多機能型 静動摩擦測定機

TL201Tt

■ 高精度な測定ユニット

  接触部と力センサ(ロードセル)に伝達させるメカニカルな機構がなくダイレクトな測定が可能。

  高感度で個人差が無くより高精度な測定を実現しました。

  また、この測定ユニットは実験に応じた定格容量のセンサーに交換することも可能です。

■ 直交測定機構

  歴代のTL201 が採用する直交測定機構は、摺動方向に対してロードセルを直交位置に配置することで、往路復路

  の変動が無い測定が可能となりました。

■ 高感度な天秤機構

  接触部材の自重をカウンターウエイトでリセットし、荷重用分銅を載せる事により分銅重量=測定垂直荷重となり

  ます。

■ XY ステージ標準装備

  測定ユニットベースにXY ステージが標準装備されております。これにより±20 ㎜動かすことができますので、サ

  ンプルを付け替える頻度が少なく測定を行うことができます。

■ 荷重用分銅

  TL201Tt ではJIS B7609 分銅を採用。より精度の高い測定が可能となりました。

■ 検量校正ユニットを標準装備

  検定分銅にて実荷重校正を行うユニットを標準装備しております。

■ タッチパネル

  駆動制御はコントロールボックスのタッチパネルにて測定方法と速度、移動距離、往復回数を実数設定

■ 過負荷安全装置

  測定中に応力が定格を超えた場合、瞬時に停止させてロードセルを保護します。

 

測定に応じて4つのパターンに構成可能

テーブル摺動型

測定部摺動型

移動テーブルにサンプルを設置して測定を行います。なお移動テーブルは容易に外せる機構に付き、ユーザーの仕様に合わせたあらゆるサンプル形状に対応可能。またオプションの加熱装置、ターンテーブル、液中測定が行える液受けバット等を取付ける事もできます。

 

測定部上下摺動型

測定ユニットを駆動ユニットに乗せる事により、切り出しできない大型サンプルの測定の際、直接測定を行う事が可能です。また、オプションの腕測定用スタンドを使用し腕の前腕部の測定も可能。

 

 

測定ユニットを直立に設置して、上下摺動を行います。

試験対象物のタック(ベタ付)性の測定、引張圧縮測定が可能。

幅広い用途と低価格を実現

・ 測定ユニットの摩擦力検出部は伝達機構が無い為、摩擦力をロスなく個人差の無い測定が可能

・ 駆動源、検出部、コントロールボックスが分離している為、あらゆるユーザーの仕様に柔軟に対応

・ 摩擦測定以外にも力を計測する測定にも幅広く応用が可能

・ 静・動摩擦/耐摩耗/引掻強度/引張強度/剥離抵抗/引裂き抵抗、等、一台で測定可能

・ オプションの検量ユニットを使う事で、ユーザーにて実荷重校正が可能です

・ シンプルな機構の為、様々な特注対応可能です。

  容易にユーザーの仕様に合わせてカスタマイズ可能です。 まずは、お気軽にお問合わせ下さい。

 

Haptics 触覚評価測定

指紋パターンを模した触覚接触子で触覚を評価します

この触覚接触子は、慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 前野隆司研究室と山形大学大学院 理工学研究科 野々村美宗研究室のご指導により商品化されました。

 

Haptics 関連オプションパーツ

触覚接触子

指先相当の硬度を有した接触子です。

測定面には、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科前野教授らの提案された幾何学的指紋パターンが施されています。(指紋パターン付肌模型5個付属)

 

測定面の指紋パターン

解析ソフト

解析ソフト表示画面

摺動開始時の静摩擦係数(μs)、摺動時の平均動摩擦係数で、すべりの度合いを表し、平均動摩擦範囲内での標準偏差値で、すべりの状態を把握する事ができます。

単動・連続往復摺動波形表示、外部入力表示、ズーミング、スクロール、任意区間平均など多彩の機能を有しています。測定データは、CSV 形式で保存されます。

 

おもな仕様

※特別仕様の測定装置も製作致します。

TOP

トリニティーラボは、ミキシング・トライボロジー(摩擦摩耗)に高精度・高機能を提供します。

ミキシング評価・トライボロジー(摩擦摩耗)評価に取組んで40年、経験と実績をご利用下さい。

 

Copyright © 2018 Trinity-Lab inc. All Rights Reserved.